« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月20日 (土)

また ひねったよ

ほんと、この夏は 冷夏なんでしょうか?

 

梅雨明けも 遅れてますが、 雨で 肌寒い日もあるし

 

 

早々に 買った 夏の 白い お帽子が・・・

 

いまだ  いまだ  かぶってないんですよ・・

 

もう  夏 終わるぞ なんて 思うくらい。

来週は  お天気晴れマークも あるので

 

カラッと した 夏に 期待。が、 それも

あやしいらしく・・・夏らしくない夏になるかもです。

 


 

 

お花教室も  夏らしい お花になって 器も

002_20190720111601

涼しげな 容器を使用。せめて 気持ちだけでも

夏を感じたいところ・

 

004_20190720111701

 

↑  ガラスの容器が  写ってないですね(笑)。

 

さて、  のぞみさんといえば   恒例の おひねりが

 

またまた   発生。  ジャンプしないように 気を

 

つけているけど  すきをみては  椅子に 乗ったり

016_li

 

 

してるから   またまた  きゃいんと   腰を

 

 

おひねりです。 変形性脊椎症が あるので 痛みが でたら

 

その都度  痛み止めで対応って ことになっているので

 

 

痛み止めのお薬  4日分で  すっきりしてきた模様。

015_20190720111801

 

イスには乗るし、2階への階段は  1日何度も 登るし

 

でも  生活に 制限は できないので  好きにさせています。

 

先生も それでいいって。 登れないストレスよりかはいいらしく。

 

 

今回は 割と 軽めですみましたが、 これ たぶん  体重の

変化も 関係あるかも。 のぞみさん、 7、4㎏と 少々。

 

 

この子は  7,2kgまでが ベストなような? この差は

大きい。足、ひざに かかる衝撃も 大きかったはず。

 

親が与えていた  人間用の 食べ物が  大きいかも。

 

パン禁止令。  パン よく食べてたから。  禁止にしました。

 

 

013_20190720111801

↑ かすかに ガラスの 器 見えた。

体重管理、 つらいけど がんばろうね。しっぽまるめて

苦痛の表情は こちらも つらい。

2019年7月 1日 (月)

せつこさん?

夜中から 未明にかけて  まぁ 降るわ 降るわ、、、、、、

 

 

梅雨の末期は 雨も増えますが  やはり 災害級のことが

おきますね。 時折鳴る 雷に  戦々恐々の  のぞみさん。

 

008_20190701145901

 

こちらにも  つらい1日だね。

 

早く 梅雨明けの カラッとした お天気が 待たれます。

 

フルーツをとりいれた アレンジメントは 初めてです。

へぇ^^これ用の パイナップルが あるんですね。

食べられないらしい。

 

005_20190701150001

 

 

 

かりんパパの  お母さん。  今  97歳。

市内の 介護施設に います。 歩行は もう 車いすに

頼っているけど  内臓系は 元気。 数字にも強く

記憶力もよく、 しっかりした人でしたが 徐々に

認知症が 進んで

 

3月には 長男夫婦のことが わからなくなった。

 

このころ まだ  我々 次男夫婦(かりんパパママ)のことは

わかっていたけど、  最近は  ついに忘れられてしまいました💧

 

 

施設の  スタッフには  かりんパパ=弟  と 言ってる・

 

面会に行くと、居合わせたスタッフには

「うちの 弟です。」と  紹介される  かりんパパ。

 

 

あなたの 息子さんですよ~^  なんだか こうなると

寂しいね。

 

 

そして、  私 かりんママには   「せつこさん!!」👀👀👀


 

なんです。  かりんパパが  ??   知らない名前だって。

 

ちなみに  ママの名前は  せつこでは ないですよん。

 

親戚にも 該当者なくて。

 

 

誰だか わかんないけど  とにかく  謎の せつこさんとして

 

接しています(笑)。

 

 

 

 

ちなみに、  この母には  さらに👀👀

103歳の 姉と  92歳の 妹が います。

市内の  別の 施設に それぞれ います。

 

80代の弟も 2人健在。  きょうだい長生きの

家系のようです。

 

ここまできたら 来年の 東京オリンピックの頃も

生き抜いてほしい。 2度目の オリンピックになるね。

 

なんだかんだで ぶつぶつ言いながらも パパには

親の存在が なんとなく 心の支えにも なっているような。

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »